リージョンフリー

世界のDVDソフトが再生出来るリージョンフリーについて解説しています。

リージョンコードとは?

世界中で発売されているDVDのソフトウェア(映画やドラマのDVDソフトなど)とハードウェア(DVDプレーヤーやレコーダー)には、リージョンコードというものが設定されています。

通常、DVDプレーヤーとDVDソフトは世界の地域別に6つのリージョンコードが設定されており、DVDプレーヤーとDVDソフトのリージョンが一致しないとエラー画面が出て再生が出来ない仕組みになっています。

これはDVDソフトを供給するメーカー(主にハリウッドの映画業界)が、欧米と他地域における劇場公開とDVDソフト販売の時差により、他地域での劇場公開時に、欧米で発売されたDVDソフトを視聴できないようにソフトウェアとハードウェアでコントロールしているものと言われています。

今までの例で言いますと、大ヒットしたあのハリーポッターも日本での公開時にはアメリカでは既にDVD化されていて日本での公開を待たずにDVDソフトを見ることができました。

日本でも販売されているDVDプレーヤーとDVDソフトにはリージョンコードが【2】となっています。そのためリージョン【2】のDVDプレーヤーは、リージョン【2】のソフトの再生用となり、日本盤DVDソフトを見る事が出来てもアメリカ盤のDVDソフトやアジアの韓国のDVDソフトでさえ、見たくても見ることが出来なかったのです。

各国のDVDソフトのリージョンコード表
リージョン番号 主な地域 主な国
リージョン1 北米 アメリカ、カナダ
リージョン2 日本
ヨーロッパ
中東
日本・イギリス・フランス・イタリア・スペイン・ドイツ・イラン・クゥエート・サウジアラビアなど
リージョン3 東アジア 韓国・香港・台湾・インドネシア・マレ−シア・フィリピン・シンガポール・タイ・ベトナムなど
リージョン4 中南米
オセアニア
アルゼンチン・ブラジル・チリ・ペルー・メキシコ・コロンビア・オーストラリア・ニュージーランドなど
リージョン5 西アジア
アフリカ
ロシア
ロシア・インド・パキスタン・モロッコ・ケニアなど
リージョン6 中国 中国

また、次世代の規格であるブルーレイにもリージョンコードが存在することが分かりましたが、地域割り当てはDVDとは異なり、A、B、Cの3つの地域に分けられています。リージョンに関してはDVDと同じく、地域コードが合わないと再生が出来ないようです。


各国のブルーレイのリージョンコード表
リージョン番号 主な地域 主な国
リージョンA 北米
南米
東南アジア
アメリカ、カナダ、、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、日本、韓国、台湾、タイ、マレーシア、シンガポールなど
リージョンB ヨーロッパ
中東
アフリカ
オセアニア
イギリス、フランス、ポルトガル、イタリア、スペイン、ドイツ、UAE、クゥエート、サウジアラビアなど
リージョンC 中国
ロシア
中央アジア
中国、ロシア、モンゴル、インドなど

リージョンフリーとは?

リージョンコードの違いでDVDソフトが見れない現実があるとはいえ、やはり日本でもアメリカ盤の映画やまだまだ話題の韓国盤のドラマDVDソフトなど見たいという需要は必ずあります。

みなさんの周りではいらっしゃいませんか?

  • 海外留学やワーキングホリデーで海外のDVDソフトをたくさん持っている
  • 国際結婚をして海外のDVDソフトをたくさん持っている
  • 海外旅行のお土産に海外のDVDソフトをもらって持っている
  • どうしても日本での発売が待てず、海外のサイトでDVDソフトを買ったことがある
  • 日本でも民放で放送されたが、カット版のため全てが放送されず海外盤を買ったことがある(冬のソナタがそうでした。)

そんな時に役立つのがリージョンフリーDVDプレーヤーと呼ばれるDVDプレーヤーなのです。リージョンフリーDVDプレーヤーなら、リージョン【1】〜【6】まですべてのリージョンコードが解除(フリー)になり、リージョンに関する問題がなくなり海外のDVDソフトなども再生が出来るようになります。DVDプレーヤーには据え置き型とポータブルDVDプレーヤー型があります。

よくリージョンフリーは違法では?と思われている方もいらっしゃるようですが、リージョンフリーは法的に定められたものではなく業界内の申し合わせと言った程度のものですので法的には何ら問題ありません。また、DVDソフトがリージョンフリー(リージョンオール)=海賊版DVDソフトと思われている方も多いようですが、実はこれも間違いです。DVDソフト提供側にはリージョンコードを2つまで決める権限があり、リージョン【1】〜【6】とリージョンフリー(リージョンオール)から選択する権限があるのでこの辺りの知識も知っておくと購入時の参考になるでしょう。

映像方式の違い(NTSCとPAL)

上記で述べたようにリージョンコードの問題は解消出来ましたが、海外のDVDソフトを見るためにはもうひとつ確認をしておかないといけない点があります。

それは映像方式が日本と異なる国があるということです。

日本ではNTSCという映像方式が採用されており、アメリカや韓国、台湾などと同じ映像方式です。左記の映像方式が同じ国のDVDソフトを見る場合は特に問題なく視聴が可能ですが、日本やアメリカ式と違うPAL方式という映像方式を採用している国のDVDソフトを見る際にはDVDプレーヤーに変換機能が付いている機種もしくはDVDプレーヤーとテレビを接続する際に変換をする機器を繋がなければ正常に映像が映らないようになっています。

主な国別映像方式対応表。

国名 映像方式
日本 NTSC方式
アメリカ NTSC方式
韓国 NTSC方式
カナダ NTSC方式
イギリス PAL方式
ドイツ PAL方式
フランス SECAM方式
(DVDはPALの場合有り)
イタリア PAL方式
オーストラリア PAL方式
中国 PAL方式
台湾 NTSC方式
ロシア SECAM方式

となっており、PAL方式やSECAM方式を採用している国のDVDソフトを見る場合は、上記で述べた変換機能が必要となります。

映像方式を確認する方法はリージョンと映像方式の判別方法で詳しく説明していますので参考にして下さい。

まとめ:海外のDVDソフトを視聴する際はリージョンコードと映像方式に注意しなければならない。
ストップ海賊版。

海外版のDVDソフトを扱い際に注意しないといけないのが海賊版がある点です。日本や先進国ではネットオークションや個人売買以外ではほとんど手にすることのない海賊版ですが、海外では普通のお店で売られているDVDソフトでさえ海賊版の可能性が高い国もあります。

海賊版といえば出てくる国といえば、やはり中国です。技術の進歩と取締り体制が整っていないのが原因だと思われますが一般の店舗で扱われているDVDソフトでも海賊版の可能性があります。海賊版の一般的な見分け方はDVDソフト購入時の注意点で掲載していますのでご覧ください。

注意事項と免責事項

・当サイトの情報を元にDVDソフト、DVDプレーヤー等をご購入される際は、必ず販売店に確認し自己責任にてご利用ください。

リージョンフリーの写真

Copyright©「リージョンフリー.NET」All rights reserved.

お問い合わせ